会社辞めたい!フリーランスになりたい?

【海外ノマド in LAお話8】日当4,000円で日帰り海外出張【ブラック企業】

  
\ この記事を共有 /
【海外ノマド in LAお話8】日当4,000円で日帰り海外出張【ブラッ...

私は、2021年8月にアメリカ人のイケメンエリートと国際結婚をしたよ。10月から、日本とLAのデュアルライフを送っているよ。

日本とLAに在住している、キラキラな海外ノマド女子に見えるかもしれないけど、

実は、ブラック企業に勤める【底辺OL】だった(笑)。

アラフォーで、人生どん底だった私が、どうやって海外ノマドになったのか、シリーズでお話をするよ。

前回の話?

シリーズ8発目は、会社の独自ルールが、ヤバかった話!
特に、海外出張のときは、カオスだったよ。

今回は、海外出張の闇を披露するよ!

【ブラック企業】海外出張でオーバーワーク&貧乏になる

海外出張で、疲れはてる

【ブラック企業】英語ができると搾取される!

私は、地元の輸入会社で、5年半働いたよ。

その間、【中国、台湾、韓国、アメリカ、ドイツ】に、合計、13回行った。

つまり、1年に2回以上は、海外出張に行かされていたね。

「海外出張」って聞くと、こんな風に思わない?

  • かっこいい
  • お給料、高そう
  • 会社から、特別扱い、されそう!

私も、昔は、そう思っていたよ(笑)

だけど、この会社では、語学ができると、過酷な仕事が増える、現象が起きていたよ。

私のはじめての海外出張は、入社して半年後だった。

急に、中国に出張に行ってほしい、と言われたよ。

状況がわからない中、話を聞いてみると、こんな感じだった。

  • この会社は、中国の北部(北朝鮮との国境付近)に、子会社がある。
  • そこで、針の生産をしている。
  • イギリスのお客さんが、工場の監査にくる。
  • その子会社に、英語が話せる人がいない。
  • お客さんの、通訳をしてほしい。
  • つでに、接待も!
はじめての海外出張は、通訳だった

入社半年で、北朝鮮の国境ギリギリに飛ばされた!

上司は、「あいつ、カナダの大学、卒業しているし、どうにかなるべ!」っていう、超軽いノリ!

つまり、自分にまったく関係ない、仕事をやるハメになったよ(汗)。

正直、行きたくなかった。

  • 針のことなんて、知らないよ
  • 他にも、英語が話せる人、いるじゃん!
  • イギリス英語、わからないし!
  • 監査なんて、責任重大じゃん!
  • 入社、半年未満の私に、やらせるか?
  • 中国の北なんて、行きたくないよ!
  • 北朝鮮が近いなんて、怖いよ!

こんな気持ちだったよ。

そこから、自分の普段の仕事以外に、針のことを勉強したね。

客先からの英語の資料を読んだり、知らない単語とか、当日、使うで可能性のある用語を調べたり

付け焼き刃だったけど、がんばったよ!

出張当日、上司と二人で中国へ飛び立った!

国際線と中国での国内線を乗り継いで、合計10時間の移動

行くだけで、疲労がヤバイ(涙)

夜の接待で、お酒を注いでまわったよ

【海外出張】毎日、全力疾走でがんばった!中国と日本のWワーク

出張中は、毎日クタクタだったよ。

だって、

  • 慣れない英語を、朝から夜まで、話し続ける
  • 知らない人、ばかり
  • 朝、早くから準備
  • 夜は、接待
  • 接待で、酒を強要される
  • ホテルに帰ったら、日本の仕事

出張自体は上手くいって、お客さんは、満足して、イギリスに戻ったよ。

金曜日に、お客さんを送り出して、私と上司は、土曜日に日本へ帰国

広島空港に着いたのは、夜の8時、家に着いたのは、夜の10時ごろだったよ。

週が明けて、月曜日に出社したら、同僚たちから、労いの言葉をかけてもらった。

「出張、お疲れさま!」

「活躍、したみたいだね!」

認められた気分で、気持ちよくなったね(笑)。

いい気分で、出張中の交通費や、出張手当の精算作業に取りかかったら……。

出張の精算をしたら、驚愕だった!

【海外出張】がんばったのに、日当、たったの4,000円(涙)

はじめての海外出張だったから、【書き方の用紙】をもらったよ。

用紙を見た習慣、思わず、目が点になったよ……!!!

日当の欄、4,000円!!!

  • 嘘でしょ?
  • ご飯食べたら、終わりじゃん!
  • 服とか靴とか、出張用に買ったもの、あるし!
  • 赤字、なんだけど!!

さらに、追い打ちだったのが、残業代。

帰国日は、会社カレンダーの休みだったから、残業代が出ることになっていた。

用紙を提出すると、「8時間で申請して」って指摘されたよ!

マジで? 実働16時間で、8時間の2倍、働いたんだけど!!

海外出張では、「移動は、業務じゃない」と言われたよ!

海外出張で、体力も、お金も、搾取されていったよ。

まだまだ続く!【ブラック企業】のヤバい海外出張

日帰りで上海出張へ

【日帰り上海】怪しい「運び屋」になった!

最初は、この劣悪待遇が、「許せないって!」思っていた。

だけど、誰も、何も言わない

そうすると、「私、間違っているの?」「これが、普通なの?」って、自分の感覚を疑うようになったね。

会社に対する不満や、不信感があったけど、我慢して、イヤイヤ出張に行っていたね。

ときには、「海外出張をしている自分、かっこいい!」と、言い聞かせていた(涙)。

海外出張の数が増えてくると、どんどん【会社の便利屋】になっていってたよ。

一番ひどかったのが、上海まで、日帰り出張をさせられたこと。

工場の生産が間に合わなくて、客先への納品が遅れそうになったよ。

営業部から、一部だけでもいいから、納品したいと言われ、

上司から、「上海まで、商品を受け取りに行ってほしい」とお願いされたよ。

行きたくなかったけど、懇願されて、断れない状況だった。

「このまま、この会社で働くには行くしかないのか……。」

イヤで仕方がなかったけど、上海空港まで、日帰りで行くことになったよ。

完全に、【運び屋】状態!

フライトが、急にキャンセルになった

日帰りだったのに、広島に帰れなくなった!

無事に商品を受け取って、今後の納期の確認をして、帰国。

だけど、飛行機に乗る直前で、シャトルバスが、ターミナルへUターン……。

理由も言われず、引き返して、1時間待機させられたよ。

ソワソワ……。

どうやら、広島が天候不良で、飛行機が欠航になったらしい。(←この時点で、まだ何も聞かされていない)

航空会社からは、説明がないまま、急遽、用意されたホテルに泊まることになった(汗)。

心の中では、こんなことを思っていたよ。

  • 最悪!
  • 明日、休みだったのに!
  • ちゃんと、説明しろよ!
  • 泊まりの準備、してないよ!
  • 服も、洗面用品、もない!
  • 代わりの飛行機、未定
  • ちゃんと、日本に帰れるの

海外出張のせいで、【時間、体力、精神】が、すり減っていく感じだったよ。

海外出張に行くと、必ず体調不良になった

【海外出張】ホテルは一番安く、同僚と同部屋!

私は、海外出張に行くたびに、風邪をひいて体調が悪くなっていたよ。

長時間の移動とか、オーバーワーク睡眠不足とか、上司をヨイショしないといけなかったから、精神的にもきつかった。

でも、風邪をひく【一番の原因】は、同僚と同部屋だったことだよ!

おなじみの、会社のルールで、一番やすいホテルに泊まるように、言われていた。

しかも、同性社員がいる場合は、同部屋になるっていう、超ナンセンスな決まりがあったよ。

安いホテルだから、部屋も狭い

家族や友達でも、狭い部屋を一緒に使うのは、窮屈に感じるよね。

それが、「別に、仲良くもない」同僚ならどう?

ホテルの部屋って、海外出張で、唯一ひとりになれる場所だったのに、ホテルでも、気を使わないといけなかった。

しかも、同部屋の人が、風邪をひいていることが多かったから、出張が終わるころには、必ず風邪をもらっていたよ。

せっかく、日本に帰っても、体調不良でフラフラだったね。

  • 、出る
  • くしゃみ鼻水、止まらない
  • 、止まらない

こんな、最悪な環境で、海外に飛ばされるなんて、もうイヤだ!

会社、辞めたい

でも、別の会社に行っても、同じことが起きるだろうな…….。

こんな気持ちがずーっと、心の中にあったから、転職を勧められても、乗り気じゃなかった

私は、このころから、らぶ先生の「らぶクラス」に入って、婚活をはじめていたよ。

そこで、教えてもらったのが、ノマドという働き方、だった!

この続きは、また次回!

つづく!!

Ayako

【月収10万円→780万円】未経験フリーランス社長の秘密10個プレゼント!

【月収10万円→780万円】未経験でフリーランスになった私の「具体的」にやったことを、E-bookにしました。

 

本当は、教えたくないけど(笑)

稼げる女性を増やしたいから、LINEで配ってるよ。

らぶ先生のLINEに登録して、プレゼントを貰おう!

 

 

Add friend

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©ノマド女子部@らぶ大学,2022All Rights Reserved.

ノマド女子部@らぶ大学

「ノマド部」ライターAyako

【元底辺OL】 カナダ大学を卒業→就活に失敗→新卒初任給16万円→ブラック企業に転職→WEBライターフリーランス 2021年8月にアメリカ人のイケメンエリートと溺愛国際結婚し、現在は、海外ノマドで日本とLAのデュアルライフを満喫中。