会社辞めたい!フリーランスになりたい?

【海外ノマド in LAお話10】ブラック企業で異動したら、どんどんプライベートがケズられた

  
\ この記事を共有 /
【海外ノマド in LAお話10】ブラック企業で異動したら、どんどんプラ...

私は、2021年8月にアメリカ人のイケメンエリートと国際結婚をしたよ。10月から、日本とLAのデュアルライフを送っているよ。

日本とLAに在住している、キラキラな海外ノマド女子に見えるかもしれないけど、

実は、ブラック企業に勤める【底辺OL】だった(笑)。

アラフォーで、人生どん底だった私が、どうやって海外ノマドになったのか、シリーズでお話をするよ。

前回の話?

シリーズ10発目は、ブラック企業で働き続けたら、プライベートも、ノマドの「やる気」も削られた話。

WEBライターとして、「どんどん、記事を書くぞ!」とやる気だったのに、

思うように書けなくて、困っていたよ!

【WEBライター】継続案件で「お金をもらいながら、書く」練習

継続案件に合格したけど、書けない!

【ソニー運営】ママ向け雑誌のWEBライターに合格した!

クラウドワークスで、WEBライターの継続案件に合格したよ。

この継続案件は、「SONY(ソニー)」が運営する、WEBサイト。元々、雑誌があって、有名なメディアだったよ。

大手のメディアに、応募するのは、おすすめ!

こんな、メリットがあるよ。

  • マニュアル、きちんと
  • 書き方ルール、厳しい
  • 記事単価、高い
  • 連絡、まめ

私の場合、1本の記事で、2,500字から4,000字くらいを書いていたよ。

毎週、3記事からスタートしたけど、しんどかった〜(笑)。

はじめは、1記事書くのに、丸1日、かかっていたね。

ちなみに、記事を書くために、こんなこともしていたよ。

  • 内容、リサーチ
  • SNSの画像、リサーチ
  • 画像の使用、許可どり(インスタ画像素敵ですね?使っていいですか?DM)
1週間に3記事でも、アタフタ

【1記事1時間】なんてムリ!1週間に3記事でアタフタした

1週間で、3記事を書くのでも、「ヒィヒィ」言っていた私。

そんな状態で、WEBライターでやっていけるのか、不安だったよ。

らぶ先生は、よく「2,000文字の記事を、1時間で、書き終えるように」って言っているよ。

正直、私の心の中では、「絶対にムリだよ!1日かかるし!」「そんな日、絶対に来ない!」って思っていたよ。

でも、どうにか、この【継続案件】を続けたかった

頭の中で、「なんで、WEBライターやっているの?」って思いながら、がんばった!

どんな風に?

  • 通勤時間は、記事を書くために、リサーチ
  • 昼休みは、記事の準備
  • 平日は、朝4時起き
  • 土日も、書き続ける

それでも、1週間に3記事書くのが、やっとだったよ。

話が少し外れるけど、私は、1記事書くのに、すごい時間がかかっていた

今、思い返してみると、この3つがなかったからだよ。

  1. スキル、ない
  2. 知識、ない
  3. 経験、ない

もし、このブログを読んでくれている人で、「記事が、なかなか書けない」「記事を書くの、遅い」って悩んでいる人がいるなら、ライティングの知識や、スキルを勉強しよう!

記事を書きながら、経験を積むのが、おすすめだよ!

どうやって、勉強する?

らぶ大学」なら、ライティングで大切な「知識」や「スキル」を学べるよ!

営業部へ異動&昇進になった

営業部へ異動&昇進になった!

WEBライターに合格した同じ時期に、勤めていた【ブラック企業】で、部署異動をすることになった。

しかも、役職にも、つくことになってしまったよ。

本当は、「慣れた仕事」を、ぱっぱっとこなして、残業なしで帰って、ライティングに集中する計画だったのに……。

新しい部署は、営業部で、商品を企画したり、お客さんに提案しに、価格の交渉をする内容だったよ。
役職は、「係長補佐」だった。

はじめは、「異動、めんどくさいな〜」って思っていたね。

だけど、考えてみると、海外出張が少なくなるし、役職と言っても、責任が軽いポジションだから、ライターするには、「いい環境かも!」って、気持ちを切り替えていたよ。

ところが、私の思いとは裏腹に、会社は、私を営業部に異動させることで、またしても、「便利に使う」ことを考えていた(笑)。

海外出張が続いて、どんどん【プライベート】がケズられた

異動したのに、海外出張

【営業部に異動したのに】海外出張が続いた

国内の客先とのやりとりがメインになる、営業。

海外出張がなくなって、ライターに集中できると思っていたのに、海外出張が続いたよ(汗)。

なんで? って思う人もいると思うから、簡単に説明すると、

海外出張の目的に、外国の展示会で、「新しい商品」を見つけるという、目的があったよ。
その場合、出張のメンバーは、こんな感じ。

  • 前の部署、1名 + 営業部、2名 = 合計3名

だけど、私が営業部員として、出張することで、

  • 前の部署、0名 +  営業部、2名 = 合計2名

海外の展示会では、英語が話せれば、交渉は成立するよ。

だから、英語が話せる私を、展示会に行かせることで出張に行く人員を少なくして、経費を減らしていた

こんな感じだったから、部署が変わったにも関わらず、海外出張が続いていたよ。

そんなとき、ライターはどうしていたか?

出張にも記事を持って行って、同僚に見られないように、空港での待ち時間こっそり書いていたよ(笑)。

部署が変わったら、残業が増えた!

コントロール不可能!予想外の残業が増えて、ゲンナリ

営業部に異動して、普段の残業も増えていったね。

例えば?

  • 商談準備
  • 商談で、待たされる
  • 商談後、社内ミーティング
  • 客先からの、急ぎの要望

前の部署は、ひとりで、担当の海外工場とやりとりをする、個人プレイだった。

だけど、営業部では、完全にチームプレイ

商談の準備や片付け、資料作成など、全員で作るスタイルだったから、誰かの作業が遅いと、帰れないってことが続いたよ。

客先からの、「ムチャブリ」も多くて、対応もやっていた。

ちなみに、この客先っていうのが、超ブラックで有名な企業だったよ。

急な要望が多かったり変なルールをつくったりムチャクチャする会社だったね。

自分でコントロールできない、予想外の残業が、どんどん増えていったよ。

そうすると、こんな気持ちになっていった。

  • あー! 早く帰って、記事書くつもりだったのに!
  • もう、疲れて、書く気力ないよ!
  • なんで、明日じゃダメなの?
  • このミーティング、意味ある
元部署 VS 営業部で取り合いになった

修羅場?【元の部】VS【営業部】取り合い合戦

こんな感じで、ブラック企業にいることで、ライティングへのモチベーション下がりまくっていたよ。

それでも、いつかは、ノマドになることを、夢みていた。

もうすぐ、この会社、辞める!」っていう気持ちを持ち続けることで、少しずつ、「会社に人生を捧げる」スタイルをやめていったよ。

例えば、

  • できるだけ、残業しなくなった
  • 昼休みに、仕事しなくなった
  • 有給、取るようになった

自分がコントロールできる範囲で、「できることをやろう!」って思っていた。

そんな中、会社の総務部長から声がかかったよ。

総務部長、再登場!

部長:「前の部署から、戻ってほしいって要望があるんじゃけど、どうかの?」←(あいかわらず、コテコテの広島弁。)

私:「え? でも、異動して、まだ1年未満ですよ。」「仕事も、ようやく覚えてきたし……。」

部長:「そうよのー。でも、要望が強いんよ。」

私:「戻るとして、前と同じ仕事ですか?」

部長:「物流関係をやってほしいんよ。」

私:「え! そうすると、また新しい、ポジションってことですか?」

前の部署に戻るといっても、以前とは違う仕事だった。

結局、また、全部、イチからやり直し…….。

一方で、営業部長からも、
営業:「いやー、困るよ、抜けられると」「人、いないんだし」と八つ当たりされた(汗)。

私に言われても、困るよ!」「イヤなら、戦ってくれよ!

と思いながら、見守ることに。

私のいないところで、私について、話し合いが進められていったよ。

その間、

いやいや、肝心の「私がどうしたいか」は、聞く耳すら、もってくれない……。

私の気持ちは、関係ないってこと?

って思っていたよ。

いつまでも、板挟みの状態に、嫌気がさした!

  • こんな会社、もう嫌だ!
  • 疲れたよ!
  • なんで、いつも、私なの
  • いいかげんに、して!
  • 便利屋に、しないで!

気持ちが沈んだり、怒りがわいて、止まらない、そんな状態だったよ。

会社で、ゴタゴタしている中、家族との関係にも、亀裂が入った。

この続きは、また次回!

つづく!!

Ayako

【月収10万円→780万円】未経験フリーランス社長の秘密10個プレゼント!

【月収10万円→780万円】未経験でフリーランスになった私の「具体的」にやったことを、E-bookにしました。

 

本当は、教えたくないけど(笑)

稼げる女性を増やしたいから、LINEで配ってるよ。

らぶ先生のLINEに登録して、プレゼントを貰おう!

 

 

Add friend

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©ノマド女子部@らぶ大学,2022All Rights Reserved.

ノマド女子部@らぶ大学

「ノマド部」ライターAyako

【元底辺OL】 カナダ大学を卒業→就活に失敗→新卒初任給16万円→ブラック企業に転職→WEBライターフリーランス 2021年8月にアメリカ人のイケメンエリートと溺愛国際結婚し、現在は、海外ノマドで日本とLAのデュアルライフを満喫中。